パンコール島の地図 / MAP

パンコール島内Map

島内での移動手段

🏍レンタバイク(Rm60~80/24h) ※要 国際免許(小型2輪以上)

島内は峠道を含め勾配のきつい坂道が多いので、バイク(ヘルメット有)を借りるのがベスト。
大人数には車が欲しいところですが、島内で駐車出来て食事などが出来る場所が少ない、道路幅が狭い道がある、整備が行き届いていないレンタカーが多い、等々の理由からここはやっぱりレンタバイクをお薦めいたします。
※国際免許(小型二輪免許以上)が必要。原付免許では乗れませんのでご注意下さい。

(1)閑散期・繁盛期によって多少料金が異なります。
(2)スクータータイプか変速ギアタイプかでも料金が異なる場合があります。
(3)原付ではないので二人乗り出来ます。
(4)自分が泊まっているホテル以外でも何処でも借りられます。
(5)国際免許の提示が必要です。国際免許が無くても借りられるケースもありますが、万が一、事故や検問などで所持していないと刑に処せられますのでご注意下さい。国際免許証は簡単に取得出来ます。→googleで国際免許証を検索
(検問時の罰金:免許不携帯 Rm300/ヘルメット未着用 Rm300)
(6)1日(24時間)単位で借りられます。
(7)借りる時にブレーキ(特に後輪)の利きは要チェック。
(8)返却時にガソリンを満タンにする必要もないので、借りてすぐにガソリンスタンド等で給油が必要な場合がありますが3Lほど給油すれば充分です。
(約Rm2.2/1リッター 2017年現在)


🚴レンタサイクル/自転車(不明/24h)

ロードバイク型。借りた事が無いので料金は知りませんが、バイクより値段も断然安いです。炎天下で峠道を越えられる体力のある方はこちらの方が良いかもしれません。
島最北部の峠道には、上り疲れた観光客の金品目当ての強盗がたまに出没します。自転車で島1周をされる方はくれぐれもご注意下さい。

🚕タクシー(ピンク色のバン/ハイエース)

雨の日に便利。他に比べて料金は高くつきます。流しのタクシーは停まってくれないので各エリアにあるタクシースタンドをご利用下さい。
パンコールのタクシー
※タクシー料金(2017年)

👣徒歩

同エリア内であれば充分可能。
但し、交通量が多い場所では車やバイクに注意。峠道では野犬🐕、猿🐵、イノシシ🐗が出没するのでくれぐれもご注意を。
※夜間の峠道は絶対に歩かないで下さい。交通事故や犯罪に巻き込まれるだけでなく、野生の生物に襲われる可能性もあります。

<< 前のページに戻る