海&山のアクティビティ

パンコール島の海

パンコール島の海の透明度はマレー半島東側のリゾート・アイランド(レダン島・プルフンティアン島・ティオマン島など)には劣りますが、マレー半島西側の有人島(ランカウイ島やペナン島)の中では、透明度は良い方です。

日によって透明度も違う(雨の次の日は濁りが残ったりする)ので、マリン・アクティビティを依頼するスタッフたちに聞くのがベストです。閑散期に比べ、観光客の多い繁盛期にも濁りが出ます。

💬Teluk Nipahの沖合に浮かぶギアム島やマンタンゴ島付近では海亀🐢やカワウソたち🦦(可愛いけど釣りには邪魔者)が見られたり、パンコール・ラウ島までボート観光の際に、たまにイルカ🐬の群れに遭遇する事もあります。
マンタンゴ島やパンコール・ラウ島の岩場に海イグアナ🦎がいたり、パンコール島の人の気配がなくなった浜辺には、たまにオオトカゲが散歩していたりします。

マリン・アクティビティ相場

📝パンコール島では、ペナン島やランカウイ島などのそれとは違って、諸事情で多くの店がマリン・アクティビティの価格メニュー表を掲げていません。決してぼられたりしないのですが、店によって値段もサービスもそれぞれそこでTeluk Nipahのおおよその価格(2023年)を例に載せておくので参考にして下さい。

💬マレーシアの祝日&休日など繁盛期は料金が表示よりも高くなります(約1.5倍〜2倍)
Pasir Bogak(パシボガッ)エリアでのマリン・アクティビティのご利用はTeluk Nipah(トゥルッニパー)エリアの価格とは若干違ってきます。

ギアム島シュノーケリング(ライフジャケット・シュノーケル・ゴーグル付)
🚤小型ボート 💰Rm100/1~3人
🛥️大型ボート 💰Rm200/1~10人

ビーチとギアム島を一直線に進むだけのボート屋は値段も安いけどサービスもそれなりです。反対に、湾内のそれぞれ見所を説明しながら案内してからギアム島に行くボート屋はサービスも良いけど値段も少々高めです。ボートはギアム島で客を降ろしたらビーチに引き返すので、予め戻る時間を告げておくか、ジャケットに書かれた電話番号に電話をすれば迎えに来てくれます。

※ボートでのアイランド・ホッピング(湾内観光)のみもあります。

ボート小(4人まで乗船可) 写真右上に見えるのがギアム島です

💬シュノーケリング時、食パンなどを海中でほぐせばたくさんの魚たちが寄ってきて素手で掴めそうですが、中には背びれに毒トゲがある魚🐟(アイゴの仲間)もいるので、くれぐれも魚を掴んだりしないで下さい。掴むことさえしなければおとなしい魚なので大丈夫です。

パンに群がるギアム島の熱帯魚たち


パンコール・ラウ島 周遊コース(シュノーケリング付)
💰Rm400~/ボート定員20名(左記料金は1〜約10人までの料金です)

屋根付きボート1艘の料金なので、人数が多ければお得です。1人の方や少人数の方は他の客とシェアするのも有り。
パンコール・ラウ島までの各スポットを説明付きで案内しながら周遊した後、再びTeluk Nipahに戻って来てギアム島でシュノーケリングののんびり2~3時間コース(ギアム島で客を降ろしたボートが引き返す場合もあり)。

閑散期はボート屋も暇なので、このコースにはサービスが盛り沢山。イカ釣りや、希望すれば上陸禁止のパンコール・ラウ島の秘密のビーチでシュノーケリングをさせてくれますよ。

屋根付きボートは20名まで乗船可能です

※ご用命はNON SAN WATER SPORTSまで♬

パンコール・ラウ島の海は綺麗な枝サンゴが多いですよ


Sea kayak/シー・カヤック
💰Rm30/1時間/定員2名

上手に漕げれば意外と便利なシー・カヤック。
シー・カヤックを置いていないボート屋もありますが、置いてあるボート屋を教えてくれます。
📝ライフジャケットは必ず身につけて下さい。
📝波が高いと感じた時はギアム島から先は決して行かないで下さい。

シーカヤック


Jet Ski/ジェットスキー
★2ストロークエンジン
💰Rm120(20分)/Rm150(30分)/定員2名

★4ストロークエンジン
💰Rm150(20分)/Rm200(30分)/定員2名

運転の前にビーチボーイから注意点などの説明があります。
※初心者の方や小児にはビーチボーイが一緒に乗ってくれるので安全です。
ライフジャケットは必ず装着して下さい。


Banana Boat/バナナボート
 💰Rm20/1人(最低必要人数5名)

最低人数が5人か7人なので少人数の方は他のお客さんとシェア出来るか聞いてみて下さい。
振り落とされる回数1~2回を選べます(スタッフの説明を聞いて怪我のないように)。


Big Marble/ビッグ マーブル
 💰Rm25/1人(最低必要人数4名)

水面をバウンドしていくような感覚のビッグ・マーブル。もしもバナナボートとセットで楽しむのなら、マーブルに乗った後だとバナナボートはつまらなく感じるかもしれないので、バナナボート→マーブルをお薦めします。

ビッグ・マーブル
意外と乗り心地が良いです


Flying mable/フライング マーブル
 💰Rm25/1人(最低必要人数4名)

Flyingといっても飛びはしませんが、他のアクティビティより視線がより水面に近くなるのでスリル満点。カーブする時に身体にかかるGにアナタは耐えられるか!? 翌日、腕が筋肉痛になるアイテムです。

フライング・マーブル
小さいお子様は止めておいた方が良いです


イカ釣り
ボート小/定員3名💰Rm200~/2時間
途中シュノーケリングのアレンジなども可。

魚釣り
屋根付きボート大/💰Rm600〜800/約4時間(それ以上は値段応相談)

イカ釣りと魚釣りは基本的に混合出来ませんが、そこはボート屋スタッフと話し合って下さいね。


水上スキー/ウェイクボード
 💰値段応相談

道具が無い時もあるのでご容赦下さい。
又、道具がある場合でも1日前か、遅くても午前中までにご予約を。


パラセイリング ※2024年現在休止中
 💰Rm180/1人/約17分
Pasir Bogakエリアのみ。Sea Vew Hotel&Resort内のボート屋。2名まで同時リフト可。


ジャングルを楽しむ

バギーでジャングル・トレッキング
 💰Rm150/1人乗り/約60分
 💰Rm180/2人乗り/約60分
 最大荷重量:160kgまで
インストラクターの先導でジャングルの中をバギーでトレッキング。


👍アドバイス

📝飲み物は持ちましたか?
ペットボトルなどの飲み物(おやつ)を必ず持って行きましょう。

🉐閑散期がお得?
閑散期・ウイークデーはボート屋も暇です。ディスカウントは無理でも、予期せぬサービスも付いてくる可能性大。
但し、パンコール島のボート屋はボったりもしないので、強引な値切り交渉は嫌われます。

📝良心的なボート屋と出逢う為には?
比較的水深が浅くなる引き潮の時間帯(特に大潮に近ければ近いほど)、ギアム島でのシュノーケリングは珊瑚や海底の岩に付いた貝殻などで足を切る確率が高く、せっかくの休日が台無しに。

その時間帯に客に何も告げず、そのままボート🚤に乗せるボート屋は料金は安いけれどあまり評判も良くありません。反対に引き潮の時間は「やめておいた方が良い」と教えてくれたり、その時間帯だけ出現するビーチにボートで連れて行ってくれた後、満ち潮になってから改めてギアム島に連れて行ってくれるボート屋こそ、お客さんの目線で考える事の出来る良いボート屋です。


NON SAN WATER SPORTS
モスリム礼拝所の向かい、土産物(衣類)屋の前です
NON SAN WATER SPORTS

マリン・アクティビティに迷ったら、それ以外でも何か解らない事や困り事があったらTeluk Nipahのこの場所でボート屋を営むNonさん(ノンさん)を訪ねてみて下さい。管理人の親友であり今まで多くの日本人観光客に数々の親切や時にはお節介を焼き続けてきたノンさん始め、息子のサイフル、スタッフたちがアナタにアドバイスしてくれたり直接助けてくれるでしょう。 但し、無理難題は勘弁してあげて下さいね。
この看板が目印です。


海でのトラブルに注意して下さい

🐠遊泳中の注意
●ギアム島でのシュノーケリング中に海中の岩場に付いた貝殻🐚や珊瑚で足を切らないように注意して下さい。

●大潮の日は陸側から歩いてギアム島まで渡れますが、決して素足では歩かないで下さい。(エイの毒やウニの棘で救急搬送の事例多数)。
又、満ち潮で陸側に歩いて帰れなくなる場合もあるので、満潮時間などのチェックを忘れずに。

🚫ボートやジェットスキーの行き交う付近での遊泳は危険。
決して素潜りはしないで下さい(スクリューに巻き込まれての死亡事故有り)。

干潮時に沖に出来た砂浜から見た陸側

🏖️浜辺での注意
●貴重品などの管理をしっかりと(ビーチに置いておいたモノを、猿🐵が食べ物と勘違いして奪い去ってゆく事例多数)。

🚫時折ビーチに現れる野犬🐕には絶対にエサをあげたり触れたりしないで下さい(子犬だと可愛いのでついつい撫でたくなりますが、噛まれたら狂犬病やその他感染症に感染する可能性があります)。

木に吊された遊具から海に飛び込み遊ぶ小猿